ならい隊がいく

新着ブログ記事


ならい隊が「リズム!バランス!カポエイラ!」をナゴアスカポエイラ静岡で初体験!

「リズム !バランス!カポエイラ!」体験レッスン

 

松永Feijao哲也先生

リオ五輪開催地であるブラジル連邦共和国。カポエイラは楽器や歌などに合わせて独特な動きをするブラジルの国民的スポーツで、武闘、踊り、音楽、文化…その要素がギュッと凝縮されているのがカポエイラなんです。
ナゴアスカポエイラ静岡の松永Feijao哲也先生に、今回はエントリークラス形式でならい隊を開催していただきました。

Feijaoは「豆」という意味だそうで…ならい隊は終始和やかなムードで行われましたよ。

それでは、隊員さんのレポートをご覧ください。

 

 


ライン.png

のりこ隊員

 

カポエイラってどんな動きをするんだろう.jpg

カポエイラ体験レッスン!行ってきました!元々カポエイラに興味があり、いつかはやってみたい!と思っていましたので、今回ならい隊の募集があってラッキーでした♪

 

道場はビルの5階にあるのですが、ドアを開けた瞬間から、ブラジルの雰囲気。壁の絵、壁面の楽器、そして、ブラジルの音楽。始まる前から、期待でテンションが上がってきました。そして、初のカポエイラ体験開始。床は、厚めのマットが敷き詰められていて、裸足でOKでした。

 

まずはストレッチ。先生は指示も数字もポルトガル語なので、見よう見まねで…。その後基本ステップのジンガ。重心を低くした状態で左右にステップ。結構長い時間でした。ここまでで、もう汗が。

 

 

姿勢を意識して…

その後は1対1で先生が付いてくださり、蹴りが入るステップの練習。側転が入ったり、重心を低くして足を入れ替えたり、回し蹴りも有りました。

 

普段から体を動かすのは好きなのですが、今までにない動き、なかなか付いていけません。でも、先生が優しく、褒め上手で、出来てる出来てる!と褒めてくださるのでノリノリで出来ました。このステップ、ゆっくりな動きなのに、かなり汗だくになりました。その後先生と達人の生徒さんとの組手を観戦。皆で輪になって、そのうちの2人が対戦します。

初めて見る生カポエイラは迫力でした。まずは基本のジンガを使ったもの。近づいたり回ったり重心を変えたりリズムを変えたり…なのですが、ちょっと習った後なので、凄さが分かります。

 

 


みお隊員5.jpg

次は、蹴りが入ったもの。コレは更に複雑で、アクロバティックな動き。蹴りは、相手に当たる直前で止まり、受ける方も回転したり逆立ちしたり… あまりのカッコよさに、ただただ見とれてしまいました。

 

そして、自分もチャレンジ。これも、先生が褒めてくださるので、終始笑顔で楽しくできましたが、やっぱりもっと動けるようになりたい、と思いました。

 

 

自信を取り戻したウォーキング

その後は、サンバ。カーニバルのサンバではなく、試合の時に周りで歌うためのものなんだそうです。音楽によって、試合の雰囲気が変わってくるとか?

 

私達ならい隊は、バンデイロ(タンバリン)を持ち、先生はビリンバウ。皆で輪になっての演奏は、一体感があり、ビリンバウの音色と生歌は、心に響きました!これもカポエイラなんですね。カポエイラは、格闘技なのですが、楽器や歌や、遊びの要素もあり、奥が深いです。

 

 

今回は、初ならい隊でしたが、とても素晴らしい体験ができました。ありがとうございました!

 


 

みお隊員

 

ライン.png

 

たくや隊員

 

準備体操.jpg

薄暗いビルのエレベーターを登ると、なぜこの場所に?と思ってしまうような格闘場がありました笑

 

中には見慣れない楽器などがあり、「カポエイラ」ってこういう雰囲気なんだと思いました!先生のニックネームはマメ?

 

なんでもカポエイラはニックネームで呼び合うらしいんですが、マメって呼んでいいのかな?って思ってしまうがっちりした先生です!   

 

 

あいたた…

充分なストレッチから始まった後は、踊っているようで戦っているような動きをしました!

 


 

 

 

ムチのようにしならせる.jpg

脚をけっこう高く上げるんだな.jpg

 

 

きちんと歩けてるかな~

最後は体を動かすだけじゃなくて、楽器を奏でて歌を歌ったりして、カポエイラの印象が「音楽×格闘技」になりました笑

 

 

 

 

ならい隊で体験したことを活かしてます!

マメさんが、ブラジルは日本の反対だから性格も反対で、とても明るいと言っていたのがすごい印象的で、カポエイラを続ければどんどんポジティブになっていくのがわかります!!

 

とても楽しかったです!ありがとうございました!!

 

 

 

としみ隊員

 

 

ライン.png

 

ともふみ隊員

 

体が!.jpg

今回、カポエイラの体験レッスンを受けさせていただき大変楽しいひとときを過ごすことができました。
次の日に相当な筋肉痛というお土産もいただきました(笑)

自分は生活の中で音楽活動が大きなウエイトをしめており、リズム感の向上を目的にいろいろな情報を探っていたところカポエイラというスポーツがあることを知りそれ以来興味を持っていました。ただ中々実際に教室を見に行ってみようというような行動まで起こすことは出来なかったのですが、今回ならい隊募集のご連絡をいただいた時に「このチャンスは逃せない!」と思って応募しました。

 

 

 

結構リズム感が大事.jpg

体験レッスンはまずストレッチから始まりました。ストレッチから始まることも承知していたのですが、実際やってみるとこの時点で自分の身体の固さがあり得ないレベルであると痛感し他の隊員の方に比べてもこの時点で相当汗をかいていたと思います。

 

次に実際のレッスンではジンガと呼ばれる基本的なステップを教わったのですが、これも徐々に複雑なものになっていくにつれ、考 えていることと身体の動きがちぐはぐになってきました。その硬い身体とぎこちない動きがロボットのようで我ながら笑ってしまうほど。一方先生やアシスタントの方々の動きは非常に軽快で見ていて楽しくなります。

 

 


鏡で自分の歩き方を見ながら…

更にジンガを基本としてその中から繰り出される足技の動きなど教えてもらいました。一対一で分かりやすく教えてもらうのですが、頭で分かっていても身体がついてこない。先生は「これは慣れだから」と仰っていましたし、まあ本当にそうなんだろうなとは思いました。

 

 

 

 


足があがらない!.jpg

 

後半のレッスンでは対戦?相手と一対一で技を繰り出しあう実践。先生とアシスタントさんの模範演技は本当に楽しそうでした。

その模範のあと実際に自分でやってみると、本当に楽しい競技です。先生と全くの初心者である私ではレベルが全然違うので掛け合いにならなそうですが、ただステップを踏んでいるだけでも十分楽しいし、先生の動きを見ながら何となく合わせていると一緒に踊っているような感覚になります。他のスポーツではここまでレベルが違ったら試合にはならないだろうのに、そこはカポエイラが持つ最大の魅力かもしれません。

 

ゆりえ隊員7.jpg

前述したように自分は音楽活動を行っており、またジャンルがジャズということもあり普段インプロビゼーション(即興)で周りのプレーヤーと良い音楽を作り 上げていくことを目標としていますが、この競技はその相手をみて即興で技を繰り出していくというところに非常に親しいものを感じました。

 

レッスンの仕上げは先生が歌ってみんなで打楽器(パンデイロ)を叩くという、これまた楽しいひとときで終えることが出来ました。これを機に本当に継続していきたいなと思っています。その際は先生また宜しくお願いいたします!

 

 

ゆりえ隊員

 

ライン.png

最後は笑顔でハイタッチ!取材しているこちらにも熱気が伝わってきました。
自然と私の体も動いて…カポエイラはその場の雰囲気をコントロールする力もあるのでしょうか。

ハイタッチのりこ隊員.jpg

ハイタッチたくや隊員.jpg

ハイタッチともふみ隊員.jpg


 

松永先生、ありがとうございました!

松永Feijao哲也先生については、こちらのつたえ隊も参考に!


全員集合!

 

「ナゴアスカポエイラ静岡」はこちら。